Interview

女性の活躍を応援・解決できるメディア「FemCareer」では、
悩める女子たちのために、
ビジネスで活躍する女性にインタビュー!

株式会社スマートラウンド
取締役チーフエバンジェリスト 冨田 阿里

Q.1 ライフウェイクシート編

経沢香保子さんからのご紹介
「日本からユニコーンが生まれ続けるために何をすべきか」を考え続けてきたというスタートアップ業界の女神

株式会社スマートラウンド 取締役チーフエバンジェリスト 冨田 阿里

神戸大学海事科学部を卒業後、インテリジェンス入社。スタートアップの採用支援と新規事業開発を行う。2016年にセールスフォース・ドットコム入社、インサイドセールスを経て、スタートアップ戦略部を立上げ。2019年に『スタートアップが可能性を最大限に発揮できる世界をつくる』をミッションに掲げるスマートラウンドへCOOとして入社。2023年6月より取締役チーフエバンジェリストに就任。

01

これまでのキャリアをライフウェイクシートで教えてください。

ライフウェイクシートをもとにこれまでの経歴を教えて下さい。

大学時代は「船乗りになりたい!」と思い、神戸大学海事科学部に入学しました。水泳訓練や1ヵ月間実際に船で航海に出る乗船実習を経験し、他ではできない経験もたくさんできました。自分の好きなパン屋バイトを楽しんだり、船乗りの仕事に対しての厳しさも肌で実感したり、大学生活を充実して過ごす中で大きなターニングポイントとなったのが、東日本大震災です。

当時、私は神戸にいたので直接的な影響はありませんでしたが、阪神淡路大震災の被災地でもあったため街全体が、自粛ムードになっていました。
震災をきっかけに、「自分の楽しいことだけしていていいのか?私このままでいいんだっけ?」と将来を考えるようになりました。

大学の実習時
大学の実習時

社会人になってからはどうでしたか?

新卒で株式会社インテリジェンス(現パーソルホールディングス株式会社)に入社しました。
当時、働くって大変とか、お金のために時間を差し出すといった感覚だった私にとって、「はたらくを楽しもう」というスローガンにはとても共感しました。

いざ入社してみたら、とにかく忙しくて楽しむ間もなく、数字に追われる日々でした。
仕事内容はITのベンチャー企業に対し、人材紹介の営業を行っていました。当時、怒涛の日々の中、お客様はとにかく面白くて前向きで、しかも仕事を楽しんでいたことが私にとっては衝撃でした。

その方々と関わって、「私もこういう仕事に就きたい」と思うようになっていきました。
大阪で働いていたのですが、23歳の時に東京に転勤させてもらいました。

東京ではどのように過ごしましたか?

東京に出てきて面白い人とたくさん出会い、楽しいことをやっていくぞ!とワクワクしていたのですが、結局忙殺される日々でした。
社内の新規事業もやらせてもらっていたんですが、うまくいかないことも多く……。
今でもお世話になっているスタートアップの起業家の方々と出会えたのはこの期間です。

その後、セールスフォースへ転職し、一年のインサイドセールス営業を経て、新規部署を立ち上げました。

新規部署はどうでしたか?

プレッシャーも大きかったですね。
いつ無くなってもおかしくなかったので、毎日一番遅くまでオフィスに残って働き続けていましたね。

ライフウェイクシートの説明

ハードワークの中でメンタル面は大丈夫でしたか?

はい。むしろアドレナリンが出て、つらくなかったです。ですが、今振り返るとあんなに働けるかな?と思う事はあります。
趣味が仕事なので、やらされてるといった時間は少なく、やりたくてやっていることが大半でした。ただ、自分がやりたいことを全部やっていた結果、要領が悪くて大変だったなという反省もあり、いまに活きています。

株式会社スマートラウンドに入社したのはいつ頃ですか?

スマートラウンドに入社したのは、30歳の頃です。
オフィスが綺麗で、軽食の補助など従業員が働きやすいような福利厚生も充実している大手企業の環境から一変し、本当に何もなく、全部自分たちが何もかもやらなければならないところからのスタートでした。トイレに入って「寒いなぁ」と感じたのも今となってはいい思い出です。(笑)
営業をしていて、「スマートラウンド」と名乗っても、他社に間違えられたり、サービスを説明するのにも一苦労でした。

もがいているうちにコロナ禍に突入し、そのタイミングで卵子凍結をしました。その結果、体調が悪くなってしまったんです。(詳しくは後日公開「美容と健康に関するお話」に記載)
昨年、出産を経て、今もなお育児に奮闘しています。

これからもっとハッピーになれたらいいなという思いでグラフはこの位置です。常に伸びしろしかないという気持ちでこれからも生きていきたいですね。

Interview

女性の活躍を応援・解決できるメディア「FemCareer」では、
悩める女子たちのために、
ビジネスで活躍する女性にインタビュー!

冨田さんのその他のインタビュー記事はこちら