Interview

女性の活躍を応援・解決できるメディア「FemCareer」では、
悩める女子たちのために、
ビジネスで活躍する女性にインタビュー!

(左から)

株式会社morich 代表 森本 千賀子
株式会社キッズライン 代表取締役社長 経沢 香保子

05

ご自身の大切にされている名言や考え方を教えて下さい。

経沢

森本さんは、いつも順調そうに見えちゃうんですけど。

森本

いやいや、そんなことはないですよ!

先程のライフウェイクシートでも父の件でモチベーションが下がった時もありますし、子どものことなんて本当に悩みは尽きないし、思い通りにいくわけではないので、あの時自分がこうしたからこういう風になっちゃったんだって考えることもあって、そういう時は心がへこみますよ。
私の師匠のような存在の祖母に、「私がネガティブな感情で落ち込んでいても誰もハッピーにならない」って言われたんですよ。
ネガティブな感情って周りに伝播するって言われているでしょう。

経沢

そうそう!

森本

周りも気を使うし、誰もハッピーにならないし、自分もものすごくエネルギーを使っちゃうじゃないですか。
20代の森本さん オフィスでの様子

経沢

でも、自分が大変だということを分かってほしいとは思いませんか?

森本

そういう風に気をつかわれるのは、私いやなんですよね。いつも元気だね、エネルギーもらえるよって言ってくれる方が嬉しい。

経沢

一人で、悲しんだり、悩んだりしないんですか?

森本

その瞬間はあるけれど、自分に言い聞かせてます。
50歳を目前にスキーを始められた経沢さん

経沢

リフレッシュすることはありますか?

森本

人に話すことですね。自分の中で消化せずに人に話して、その人に答えを求めるためではなくて、整理するために話しますね。

経沢

じゃあ、人生のどん底の時は、どうやって切り抜けてきました?

森本

人に話をして、自分はこんなことでも根を上げずに負けないぞっていうのをその人に聞いてもらいましたね。こんなことで負けたら悔しいですから。

経沢

私も結構ピンチはいっぱいありましたけど、確かに森本さんが言うように、割と人に相談できたり、どんなに恥ずかしくて苦しくて言えなくてもやっぱり自分の会社のことだったり関係者がいることなので、そういう誰かに相談して解決できる人に出会うことが多かったですね。

最初は子どもが病気で、もう絶体絶命って思っても、色々な人に相談してどうやって会社を存続させるとかベビーシッターの選択もあることを知って、それに挑戦してみたこともそうですし。

私は起業してから3年目に、出資してもらった会社の個人保証がついて2億円を個人で返さないといけなくなって、その2億円返さなくちゃいけない時、サイバーエージェントの藤田さんに助けてもらいました。
その時、人に相談して良かったなと思いました。

森本

私も、先程話した借金の時に、助けてくれたあしながおじさんがいたんですよ。 そのおかげで、今の私がいると思っています。

経沢

えー!!どうやってその方に出会ったんですか?

森本

その人は、リクルートの中の人だったのだけども、困っているのを聞きつけて助けてくれたんです。

経沢

先程森本さんが妊娠中に色々な人に会いに行ったっておっしゃっていましたけど、実は日常の生活を毎日明るく楽しく、人に笑顔で接していると、ピンチになった時に助けてくれると思っています。

森本

まずその前に、自分が先に恩を送っておくから返ってくると思っていて、ピンチになった時に実は助けてくれる人っているんだと本当に信じてますよ。

子どもの頃、どうやったら弟を助けることができるかを考えていて、小学2年生の頃学校の先生に尋ねたら、伝記シリーズを読んで「生き方を学べば、そこにヒントがあるんじゃないか」と言われて実際に読んだんですよ

そこで「偉人とされる人達は自分のための人生ではなく、人のために世のために生きている人生だ」ということが分かって、私もそういう風にすればいいんじゃないかって思ったんですよね。

経沢

そして、自分のことをすごく大事に考えることが重要だし、自分のことを大事に考えるということは社会との接点があって、欲しい自分があるから。元気な時に何かできることをやっていれば、多分女性の場合は妊娠や出産といった時に助けてくれる人がいる気がしています。

森本

うんうん。
私ね、コクー社のビジョン「for me for you」が大好きなんです。(※)

「for you for me」で自分はやってきたけれど、それは違うなと思うようになったんです。

経沢

うんうん。

森本

自分が幸せじゃないのに、人を幸せにすることなんてできないと思います。

社員の幸せなくして、他の会社のことを幸せにすることなんてできないですよ。
私にとっての幸せは、人に「必要とされる」「感謝される」ことだと思っています。

経沢

「情けは人のためにならず」って言葉がありますけれど、私も情けは人のためではなく自分のためなんだなと思います。

森本

そう。自分が幸せでいられたら、他の人を幸せにしたいとおのずと思える、そういう背中を子どもたちにみせたいなと思いました。

経沢

まずは自分の幸せを、「for me for you」ですね。

※ インタビュー実施時、森本様はコクー株式会社 社外取締役、経沢様はコクー株式会社 顧問を兼任頂いています。

記事のダイジェストを動画でも見よう!