Interview

女性の活躍を応援・解決できるメディア「FemCareer」では、
悩める女子たちのために、
ビジネスで活躍する女性にインタビュー!

(左から)

株式会社morich 代表 森本 千賀子
株式会社キッズライン 代表取締役社長 経沢 香保子

03

これからの時代、デジタルやITに強い女性がニーズがありますが、キャリアでデジタルやITが役立ったポイントは?

経沢

新卒で入った会社の営業は、紙媒体を使用していたので、もっと良い方法があるのではと思っていました。ちょうどその頃インターネットが広まってきて、営業スキルをIT業界で活かすことを考えて、テクノロジーやツールを自然と使い込んでいくようになったことは、良かったなと思います。 起業したときも、一人だったので、インターネットを使って効率的にデジタルを使うようにしていました。

森本

使いこなす中でのコツはありますか?

経沢

PCはデスクトップにせずに、全て持ち歩けるものにして、どこでも仕事できるようにしています。 コンパクトに持ち運べる携帯やスマホが選べるようになって、場所が固定されるデスクトップPCにしなかったことは、仕事の中でやっておいてよかったなと思いますね。

森本

具体的に仕事の中で、これを知っておいて良かったことはありますか?

経沢

私、26歳で起業してからずっと手帳って持っていないんです。 全てGoogle Calendarなどでスケジュール管理して、スケジュールも公開しているので、スケジュール調整のための連絡によるストレスやコストが軽減できましたね。

森本

私は、Google Calendarと手帳を使い分けています。 手帳は、スケジュール管理というよりも、一目で見て「どういうシーンで時間を使っていたか」を感覚で把握するために使っていて、「どう時間を使っていくか」を考えるのに必要だと思っています。

経沢

そういう意味では、私もメモ帳は持ち歩いています。 森本さんは、どうやってデジタルと向き合っていますか?

森本

自分自身はアナログ人間ですが、リテラシーが高いアシスタントが常に新しいものがあったら、まず試し、良ければビジネスにも導入してくれるので大変助かっています。

経沢

忙しいママでも、紙やお金を持ち歩かないで、クレカで全部やるようにすると、何にお金を使ったかも全て把握できますよね。

森本

生活の知恵として絶対に知っておくべきで、会社や組織として上手くまとまるし、リテラシーが高いとものすごく気持ちがいいです。

経沢

うちの社内でも、WordやExcelはしっかり使えて、最近だと簡単にHPを作成することができるようになって、動画編集もできたり、デジタルツールが使える人はどんどん新しい価値を生み出してくれるし、積極的に勉強してるんですよね。

森本

一人一人がITツールを使いこなすことで、普段のスキルと掛け算で価値が上がってくるし、その人のブランドになっていくと思います。

経沢

そうなんですよね。しかも、意外と難しくないんです。

森本

そうそう。特にZ世代なんかは、絶対に使いこなせるはずだから食わず嫌いにならないでほしいです。

経沢

どんどん積極的にキャッチアップしてほしいですよね。

Interview

女性の活躍を応援・解決できるメディア「FemCareer」では、
悩める女子たちのために、
ビジネスで活躍する女性にインタビュー!

04

20-30代の女性からよく相談される質問や、その際にどのようなアドバイスをするのかを教えていただけますか?

記事のダイジェストを動画でも見よう!