Interview

女性の活躍を応援・解決できるメディア「FemCareer」では、多方面で活躍する女性の仕事とプライベートにフォーカスしてインタビューを実施。

その様子をレポートします!

未経験からITスキルを身に付けてイキイキ働く女性代表
(左から)ゆいちゃん、くらら、まっち、りなちゃん

interviewer さちこ

04

生き方やキャリアを変えようと思ったきっかけはありますか?

さちこ

最後の質問になります!
今までの人生で生き方とかキャリアを変えようって思ったきっかけはありますか?

りなちゃん

変えようと思ったきっかけは、やっぱり不安でした。
この仕事を三年後、五年後、十年後続けていることが、自分の中で想像できなくなったことでした。
最初の営業の仕事のときは、人と話すのが好きでコミュニケーションが好きだから、ここを伸ばすことで自分の長所を伸ばそうと思いました。
確かに営業の仕事を通じて、打たれ強くもなったし、コミュニケーション能力もあがりましたが「それ以外は何かできる?」と考えたら正直何もなかったんです。Excelもできないし、PowerPointもできない。

その当時は、提案先の資料も営業アシスタントさんが対応してくれるので、結局自分が作ることもなく。
営業一本でこの会社で続けていくならいいかもしれないと思いましたが、なにか違うことをやりたいと思った時に、「何もない」ことにすごく恐怖を感じました。
私は専門的にこんなことできますって言える人生が、カッコいいなって思ったんですね。

Excelができるとか、エンジニアも、スペシャリストという印象ですごくかっこいいって憧れのイメージがあって。
自分はこれが得意なんだって主張して言える人って、すごくかっこいい。

五年後、十年後の自分が同じことやってる想像ができなくなった時に、「これから先はやらずに後悔するぐらいならやって後悔しよう」って思ったんです。
それが一番、私のトリガーになりました。

ゆいちゃん

すごく分かります。
私は、これまで同じ仕事を続けていることが多くて。
例えば、学生の時からアルバイトも同じところで長く続けていて、社会人になって同期はやめていくのに結局、私は六年続けました。
そんな過去から、周囲の人にも「1つの仕事を止めずに続けるタイプだと思っていた」と言われました。

「そう思われるのも嫌だな」と思う気持ちもありましたが、以前はあまり自分に自信が持てず、他の仕事についても役に立てるかわからないし、今はここで働けてるからいいかとも思っていました。


徐々にマネジメントのような上流のお仕事も任せてもらえるようになると、少し自信がついてきて、「別の業界でも役に立てるか試してみたいな」とうっすら思ったのが転職のきっかけでした。

結局、辞めたいと思ってから二年ぐらい同じ会社で働いたのですが、その間も「もっとできることないだろうか」「後輩たちに何か残せないかな」と考えながら働いていました。

その経験があったお陰で、転職してもマネジメントや育成にも関わりたいし、プレーヤーとしてスキルを高めたいと自分の目指す方向も定まった気がします。

さちこ

ずっと同じ世界にいて、ちょっと自信がついても、転職ってやっぱり結構勇気がいりますよね?
それでも転職しようって踏み切れたのには、何かありました?

ゆいちゃん

何が起こるか分からないけど、このまま今の仕事を続けるより良いって思えました。
自信がついて、やらない後悔で終わるのではなく「挑戦してみよう」と思ったんです。

りなちゃん

同意です。私、考えるより先に行動しちゃうタイプだと自覚していて。
「悩んだら行こう」と思っています。

まっち

私は手荒れしちゃったのもきっかけではあったんですが、スタバとかで仕事している人がかっこいいって思っていて。

さちこ

スタバでマック広げて?

まっち

はい、Twitterを見ていると「スタバで仕事した」ってつぶやいている人がいて笑
かっこいいって思いました。

一同

超可愛い笑

まっち

スタバのカップにMacで、Instagramのストーリーに載せたいって思って。
ただ私は専門学校卒業だし、Excelも触ったこともなかったので、そんな私にもできるのかなって不安になったんですが、不安に思っているうちに年取っちゃうし。

だったらやってみようって思って面接を受けました。
まさか1社で決まるとは思っていませんでした。

さちこ

じゃあITの人になろうって思いが強かったの?

まっち

強かったです。もう、絶対ITの人になろうって思いました。

さちこ

入社してから、スタバでMac開いた?

まっち

Mac持ってないんです笑
「見て」って思いながら、Windowsは開きました笑
Macでもいつかやりたいです笑

一同

憧れるよね!

くらら

私は前の会社は、年齢や在籍年数で評価される環境だなと思いました。
それが物足りなく感じてしまって。
せっかく仕事をするなら、頑張ってやりたいし、さらに頑張ったらその分お給料にも反映されたほうがモチベーションにつながると思ったので、転職活動を始めました。

前職で残業がとても多いときに、VBAで業務改善してもらって、自分が頑張るだけじゃなく、誰かが突破して穴を開けてくれてチーム全体がいい方向に向かう経験をしました。

自分もそういう事ができるようになりたいと思いました。

そんな気持ちで転職したので、「私がツールを作るので、定時に帰れるようになってほしいです」と思っていることをチームの人に伝えたら、「すごい泣きそう…」って感謝してくれました。
本当にやりたかったことを、今できてるなって思います。

ゆいちゃん

転職して思ったのは、技術を身に着けて、出来なかったことが一個出来るようになったら、次の事にもチャレンジできるようになりました。
それまでは、「自分なんかが」って思ってしまうところがあったんですが、今は「意外と私でも新しいことにチャレンジできる」とか、「やろうと思ったことを行動に移せるようになったな」という気付きがありました。
なので、今では「とりあえず動いてみたらいいんじゃないかな」と思えます。

さちこ

大事だよね。
やってみて、すごく自信になったってことでしょ?

ゆいちゃん

そうですね。意外とやれたし、やってみたら周りの方に評価もしてもらえたり、褒めてもらえたり。

自分が今までやったことがないことでも、ちゃんと人から求めてもらえるんだ、と思える経験ができたのが、すごくよかったんだと思います。

さちこ

みんな、自信になったってことかな?

一同

前よりは全然!

さちこ

素晴らしいですね!
今日は未経験からITスキルを身に付けてイキイキと働いている女性の皆さんに集まって頂いて、色々お話を伺いました!
みなさんがどう考えて、どう行動してきたかを伺うことが出来ました。

一同

楽しかったですね!

さちこ

この記事を読んでいただいている、みなさんのキャリアの参考になれば、うれしいです!
ありがとうございました!

この記事を動画でも見よう!