Interview

女性の活躍を応援・解決できるメディア「FemCareer」では、多方面で活躍する女性の仕事とプライベートにフォーカスしてインタビューを実施。

その様子をレポートします!

未経験からITスキルを身に付けてイキイキ働く女性代表
(左から)ゆいちゃん、くらら、まっち、りなちゃん

interviewer さちこ

03

これからの時代、デジタルやITに強い女性がニーズがありますが、キャリアでデジタルやITが役立ったポイントは?

さちこ

デジタル・ITに強い女性が、今社会でニーズがあると思うのですが、自分のキャリアで知識を身に付けて良かったことや変わったポイントはありますか?

くらら

私は今もすごくITに詳しい訳ではないのですが、現場でも同じようにITに詳しくない方がいらして、その方の気持ちがわかるんです。そこでは私の方が少し詳しいから、その方のおっしゃりたいことを翻訳してあげられているなと思います。
詳しくないからこそ、その方の言葉をうまく翻訳できるんだと思います。

さちこ

私も以前現場に行っていて、担当の方はそこまでITに詳しくない方が多くて、IT用語もご存じないだろうし、ご自身の言葉だけで喋ると伝わりづらいことがあったんです。
私自身もその経験があるから、少しフォローさせていただいたら、気持ちが通じ合えたと思いました。
IT業界に行くと、用語がわからないって皆さんおっしゃるよね。

りなちゃん

周りの方ができる人しかいないから、「何話しているんだろう?どこの言葉?」って思うことあります笑
そのお陰で勉強しなきゃって思えました。

あと、なんとなくなふわっとした伝え方はやめようと思いました。
こう思ったとか、こう考えたとかは「あなたが思ったことでしょ」と思われちゃうので、根拠やエビデンスをつけて相手に伝えるようになりました。

ゆいちゃん

私は「多分」という言葉を使わなくなった気がします。
何か意見を言うときは、例えばツールが動いていない場合は、事前に関連するところを調査して、こことここがうまく行っていないから動いていないんじゃないかと予測を立てて、相手に質問するようになりました。
IT業界に入ってロジカルに考える人と一緒に働いてきたから、自分でも意識できるようになったと思います。

さちこ

多分っていうと怒られるよね笑

ゆいちゃん

あと、理系は男性がやるもので、女性の自分は文系だと思い込んでしまっていました。
コクーに入って、いつのまにか理論立てて物事を考えるのが自分にもできるんだって気付いたんです。その思い込みを払拭できたのはすごく良かったと思います。

もし、これから転職をしようと考えている人が、「自分は理系じゃないから」と可能性を狭めてしまっているようだったら、ぜひ考えてみてほしいです。

さちこ

ITの人事の人ともよくその話になるの!
思い込んでいる人が多いよね。

まっち

私は前職はエステシャンだったので、論理的よりも、お客様の感情に寄り添うのが仕事だったんですが、転職して「そうですね」と曖昧に答えると「何を思ってるの?」と言われるようになって。
結論からしっかりと話さないと、相手には伝わらないんだって気付きました。

さちこ

今の仕事を始めて、どれぐらいで結論からしゃべれるようになったなと思った?

まっち

今も心配な時はありますが、半年間は「結局何が言いたいの?」と言われることが多かった気がします。お客様と話す回数が増えて徐々にできるようになってきました。

さちこ

場数も大切だよね!
最初は難しかった?

まっち

最初は難しかったです。
今も「さっきの話し方は大丈夫だったかな?」と振り返るようにしています。

ゆいちゃん

あと、私は検証っていう概念を覚えたなと思います。
仕事だけじゃなくて、プライベートでも、やらないで終わらせず検証してみるというやりとりが気持ちいいなと思うようになって。うやむやのまま終わらせない感じも良いと思っています。

コミュニケーションの中には核心に触れないほうが良いこともあると思いますが、今は試してみて、結果がダメでも良くても、やることが大事という癖がつきました。

くらら

VBAでも検証することが多いのですが、私はエラーが楽しいんです。
1つ1つ検証して、エラーを解決していって根本的な解消をするのが楽しいです。

以前に、誰が作ったか分からないプログラムが本当にいっぱいあって、作り変えたりしているうちに、まわりが聞きに来てくれることが多くなって。
解決して行くのが気持ちいいなと思うようになりました。

Interview

女性の活躍を応援・解決できるメディア「FemCareer」では、多方面で活躍する女性の仕事とプライベートにフォーカスしてインタビューを実施。

04

生き方やキャリアを変えようと思ったきっかけはありますか?

この記事を動画でも見よう!