226名に調査 – デジタル女子に転職して変わった!お金・時間の使い方

226名に調査 – デジタル女子に転職して変わった!お金・時間の使い方

今回、デジタル女子(※)を対象に「お金」や「時間」の使い方に関するアンケートを実施しました。
前職を様々な業界・業種で働いていた女子たちの実情や、IT業界に転職したことをきっかけに自身が変わったポイントを赤裸々に答えてくれました。

※デジタル女子:フェムキャリアにおける、DX業務に関わる女性の総称

目次

ご自身について

1. 年齢について

回答いただいた方々は、全体の約3/4(74.8%)が20代後半〜30代前半

  • 20〜24歳:16名 (7.1%)
  • 25〜29歳:90名 (39.8%)
  • 30歳〜34歳:79名 (35.0%)
  • 35〜39歳:25名(11.1%)
  • 40歳以上:16名(7.1%)
2. 誰と同居していますか?

一人暮らしは28.3%、その他の方々は既婚もしくはその他の同居の方が

配偶者(86名)や恋人(29名)と同居している方は115名で、約50%を占めています。
一人暮らし(64名)の方が30%弱、子どもがいる方(30名)も13%でした。

3. 交際相手がいますか?ご結婚はされていますか?

交際相手がいる・結婚している人が、72.6%

  • 結婚している:86名 (38.1%)
  • 交際相手がいる:78名 (34.5%)
  • 交際相手がいない:62名 (27.4%)

家賃に関して

1ヶ月あたりの家賃について(ご自身もしくは家族の負担額)

全体の約50%が5〜10万円以内。15万円以上の高額物件に住む人も。


  • 5万円以内:60名 (26.5%)
  • 5〜10万円以内:116名 (51.3%)
  • 10〜15万円:40名 (17.7%)

ランチに関して

1. 仕事の日のランチは、買う派?作る派?

作る派が50%を上回る。飲食店でのランチは、9.3%と少数派の傾向

  • 手作りのお弁当:92名(40.7%)
  • お弁当を買う(飲食店・コンビニなど):72名(31.9%)
  • 飲食店で食べる:21名(9.3%)
  • 食べない:4名(1.8%)
  • 社食:3名(1.3%)
  • その他:34名(15%)(在宅・リモートのため自炊、残り物を食べる)

手作りのお弁当を持参したり、在宅勤務の場合も自炊をするなど作る派が55.7%(126名)。
飲食店でのランチは、21名と少ない傾向がありました。

2. 仕事の日のランチ代は?

ランチ代は84.6%が1,000円以内

  • 500円以内:86名(38.1%)
  • 500〜1,000円以内:105名(46.5%)
  • 1,000〜1,500円以内:33名(14.6%)
  • 1,500円以上:2名(0.9%)

お弁当持参・自炊する人が過半数を超えていたにも関わらず、金額帯としては「500〜1,000円以内」が過半数に迫る数字となりました。
全体をみても、1,000円以内に収める人が191名と84.6%と大多数を占める結果となり、倹約志向の方が圧倒的多数であることが分かりました。

交際費に関して

1ヶ月あたりの外食(ランチやカフェ代は除く。友人や恋人と同伴に限定)について質問しました。

1. 1ヶ月あたりの外食の回数は?

会食や外食に対して、アクティブ派が69%

  • 1〜2回:54名(23.9%)
  • 3〜5回:121名(53.5%)
  • 6回以上:35名(15.5%)
  • ほとんど行かない:15名(6.6%)

1ヶ月あたりの会食は、3回以上と答えた人が156名(69%)となり、ほぼ週に1回外食するペースでアクティブに外食の機会を設けている人が多いことが分かりました。
一方で、2回以下(ほとんど行かないを含む)は69名(23.9%)と少ない傾向でした。

2. 1回あたり外食の金額は?

1回の会食・外食は、5,000円以内が78.3%

  • 3,000円以内:69名(30.5%)
  • 3,000〜5,000円以内:108名(47.8%)
  • 5,000〜10,000円以内:44名(19.5%)
  • 10,000円以上:3名(1.3%)

1回の会食・飲食は5,000円以内で納める人が80%近くを占めるなかで、5,000円以上の方も約20%いることが分かりました。
仕事中のランチ金額においても1,000円以上の方が15%ほどで、全体として食に関する費用は控えめに済ませる人が大多数のようです。

美容・エステに関して

1. 美容・エステでケアしていること

エステ・ネイルに38.5%の方が!美容に対する関心も高く、外見磨きも忘れない!

  • スキンケア・メイク用品の購入:206名(91.2%)
  • エステ:29名(12.8%)
  • ネイル:58名(25.7%)
  • 美容院:184名(81.4%)
  • まつげケア:62名(27.4%)

日頃のスキンケアやメイク用品の購入以外でも、まつげケアやネイルも4人に1人が費用を掛けており、自己メンテナンスにも余念がない女子たちが多くいることが分かりました。

2. 1ヶ月あたりの美容代

1ヶ月にかける美容代は、3万円以内が89.4%

  • 1万円以内:76名(33.6%)
  • 1〜3万円:126名(55.8%)
  • 3〜5万円:20名(8.8%)
  • 5〜7万円:3名(1.3%)
  • 10万円以上:1名(0.4%)

3万円以内が大多数という中、3万円以上の方も約10%いました。
日頃のスキンケアやメイク用品の購入以外にも、自己メンテナンスのためにコストを掛けていることが分かりました。

フィットネスに関して

1. 普段、運動していますか?

運動していない派が 57.1%と大多数

  • 運動している:97名(42.9%)
  • 運動していない:129名(57.1%)

ランニング、筋トレ、フィットネス、ヨガなどの運動をしていないと答えた人が約60%と、運動していない人が若干優勢である結果となりました。

2. 1ヶ月あたりの運動に関する費用(普段運動している方)

費用ゼロが約55%と過半数!

  • 0円:56名(54.4%)
  • 〜1万円:31名(30.1%)
  • 1〜3万円:15名(14.6%)
  • 3〜5万円:1名(1%)

運動に費用をかけない「0円」の人たちが過半数となりましたが、費用をかける「〜3万円」の人たちも約45%であることから、費用をかけない派とかける派が2分される結果となりました。

3. 週に何日間、運動している?(普段運動している方)

1週間のうち2日間以上運動する人が66.2%

  • 1日:10名(10.2%)
  • 2〜3日:45名(45.9%)
  • 4〜5日:12名(12.2%)
  • 6日:1名(1%)
  • 毎日:7名(7.1%)
  • 不定期:23名(23.5%)

2〜3日間運動すると答えた人が約46%と最も多く、運動する頻度が不定期であると答えた方が約23%、逆に毎日と答えた方は7%もいることが分かりました。
2日以上運動すると答えた方が66.2%を占めることから、運動をすることが1週間のルーティンの一つになっている方も多いようです。

4. どんな運動をしている?(普段運動している方)

1番人気は筋トレ!複数の運動を組み合わせる人が多い傾向

  • 筋トレ:20名(22.2%)
  • ヨガ:12名(13.3%)
  • YouTube動画のエクササイズ:7名(7.8%)
  • ランニング・ウォーキング・ジム:各6名(各6.7%)
  • ホットヨガ・フィットネス系ゲーム:各4名(各4.4%)
  • キックボクササイズ・ストレッチ・ダンス:各3名(各3.3%)
  • その他:テニス、水泳、縄跳び、スケボー、登山、ラジオ体操、バレエ、暗闇トランポリン、子どもと遊ぶ

今回、90名の方に具体的にお答えいただきました。(複数回答あり)
「筋トレ」と答えた方が20名、ヨガと同様に女性に人気の高いヨガやホットヨガが合わせて16名いることが分かりました。
全体の傾向としては、体を整えるエクササイズや体を鍛えるエクササイズ、またストレッチやランニング・ウォーキングといった費用をかけずにできる運動の中から、好みや目的にあった運動を複数組み合わせていることも分かりました。

5. 今後やってみたい運動(普段運動していない方)

1番人気はヨガ!体を整えるエクササイズに挑戦したい人が多い

  • ヨガ:25名(32.5%)
  • ピラティス:11名(14.3%)
  • ジム(パーソナル含む):6名(7.8%)
  • 筋トレ・キックボクササイズ・ホットヨガ・ストレッチ:各5名(各6.5%)
  • 水泳4名(5.2%)
  • ウォーキング・ダンス:各3名(各3.9%)
  • その他:ランニング、エアロビクス、ボルダリング、暗闇バイクエクササイズ、フィットネス系ゲーム

今回、77名の方に具体的にお答えいただきました。(複数回答あり)
「ヨガ」と答えた方が25名、ピラティスが11名と上位に入り、普段運動をしている人たちとは異なる結果となりました。
全体的に、体を整えるエクササイズであるヨガやストレッチを普段の運動として取り入れたい人が多い傾向があることが分かりました。

ファッションに関して

1ヶ月あたりのファッションにかける費用

ファッションにかける費用は1ヶ月あたり3万円以内が95.1%!

  • 1万円以内:121名(53.5%)
  • 1〜3万円:94名(41.6%)
  • 3〜5万円:9名(4%)
  • 5〜7万円:1名(0.4%)
  • 10万円以上:1名(0.4%)

1万円以内に収める人が過半数を超え、約95%の人が3万円以内に抑えていることが分かりました。

スキルアップに関して

1. スキルアップのために勉強していますか?

スキルアップのために勉強している人が、79.6%!

スキルアップを目指して勉強に取り組む人が圧倒的に多く、仕事に対して意欲的に取り組んでいる結果が出ました。

2. スキルアップのために、どのような勉強していますか?
  • Webデザイン、マーケティング、ブランディングなどのスキルアップ
  • 資格取得(MOS、VBA、CCNA、FP、簿記、漢検など)
  • Microsoft Officeソフト(Excel、PowerPoint)のスキルアップ
  • 動画編集、ライティングのスキルアップ
  • JAVA、GA4、IT関連の勉強
  • 語学の勉強(英会話、TOEIC、中国語、フランス語など)

148名の方が回答しました。
直接業務に関係する内容について勉強している方から、語学や投資、心理学など、自身が興味ある分野に対しても積極的にスキルアップを目指していることが分かりました。
勉強時間は週に2〜3時間と答える人が多く、多い人で7時間程度勉強しているようです。

3. 1ヶ月あたりの費用(スキルアップのための勉強をしている人)

スキルアップの勉強にかける費用は、1ヶ月あたり1万円以内が85.6%!

  • 〜1万円以内:158名(85.6%)
  • 1〜3万円:15名(8.3%)
  • 3〜5万円:2名(1.1%)

180名の方に回答いただきました。
毎月1万円をスキルアップのために使って、スキルアップすることで意識高く仕事へ取り組んでいるようです。

趣味(旅行・推し活)に関して

1. 宿泊を伴う旅行の頻度(1年あたり)

年に1回は旅行する人は、80.9%

  • 月に1回:8名(3.5%)
  • 2〜3ヶ月に1回:59名(26.1%)
  • 半年に1回:83名(36.7%)
  • 年に1回:33名(14.6%)
  • 2〜3年に1回:11名(4.9%)
  • 5年に1回:0名
  • ほとんど行かない:32名(14.2%)

宿泊を伴う旅行に行く頻度は、少なくとも「1年間に1回」に該当する人が8割で、ほとんど行かない人は約14%にとどまりました。

2. 旅行は誰と行く?

旅行する相手は、「友人」が最多の47%

  • 1人で:37名(16.4%)
  • 配偶者:84名(37.2%)
  • 自身の親:48名(21.2%)
  • 友人:106名(46.9%)
  • 恋人:70名(31%)

一緒に旅行に行く相手は、「友人」に次いで「配偶者」「恋人」という場合がそれぞれ30%を超える結果となりました。「自身の親」と答えた人も多く、家族との関係が良好な様子が伺えます。「1人で」こ答えた方も約16%で、気ままな一人旅を好む人が増えてきていることが分かりました。

3. 1年間の旅行の金額

1年間の旅行費は、5万円以内と5〜10万円以内で拮抗

  • 〜5万円以内:45名(27.1%)
  • 5〜10万円以内:53名(31.9%)
  • 10〜20万円:38名(22.9%)
  • 20〜30万円:13名(7.8%)
  • 30万円以上:7名(4.2%)

166名の方に回答いただきました。コロナの影響もあってか、海外旅行と回答した人も数名で、控えめな数字が多い印象を受けました。

4. 推し活はしていますか?

推し活をする人は、約38%

  • いいえ:140名 (61.9%)
  • はい:86名(38.1%)

近年浸透してきた「推し活」。
デジタル女子たちの61.9%が「いいえ」と回答し、「はい」が38.1%と少なく、意外な結果が出ました。

5. 推し活にかける1ヶ月あたりの金額

1ヶ月あたり1万円以内と答えた人が53.2%

  • 〜1万円以内:41名(53.2%)
  • 1〜3万円以内:16名(20.1%)
  • 3〜5万円以内:9名(11.7%)

77名の方に回答いただきました。「推し活」へ使う1ヶ月あたりの金額は、「1万円以内」が最多でした。定期的に毎月使っている金額をお答えいただき、ライブやイベントがある場合はそれ以上の金額がかかることもあるという回答も見られました。

6. 推し活の対象

「アイドル」への推し活が過半数を超える!

  • アイドル(ジャニーズ、K-POPなど):47名(54.7%)
  • アニメ・マンガ・ゲーム:28名(32.6%)
  • アニメ・マンガ・ゲームのキャラクター:23名(26.7%)
  • バンド・アーティスト:29名(33.7%)

推し活の対象は、「アイドル」に次いで「バンド・アーティスト」、「アニメ・マンガ・ゲーム」関連が20%を超えていることが分かりました。「推し活」を楽しむデジタル女子たちも、一般的な女子たちと同じように「推し活」を楽しんでいるようです。

お仕事のご褒美に関して

1. 1ヶ月あたりのご褒美の金額

お仕事のご褒美は、「1万円以内」が最多だが、「なし」も18.6%

  • 〜1万円:141名(62.4%)
  • 1〜3万円:38名(16.8%)
  • 3〜5万円:4名(1.8%)
  • 5〜7万円:1名(0.4%)
  • なし・特になし:42名(18.6%)

お仕事のご褒美にかける金額は「1万円以内」が最多の62.4%でしたが、「なし」「特になし」と答えた方も18.6%となり、金銭を伴った仕事のご褒美を設けていないという意外な結果となりました。

2. 仕事においてモチベーションが上がるご褒美

自分のために時間を使う人が多い

  • 自分の時間を過ごす(1人カラオケ、音楽・映画鑑賞、ゲームなど)
  • 美味しいものを食べる・お酒・スイーツ
  • コスメ・ファッション
  • テーマパーク・キャンプ
  • 家族や子どもとお出かけ
  • 何もしない

ご自身「1人」で、自分の趣味などに時間を使う人が多いという結果になりました。
また家事などからも解放されて、のんびり過ごすといったことを上げている人もおり、総じてご褒美のキーワードは「1人」である印象を受けました。

デジタルスキルを身に付けてからの、お金の使い方の変化

1. IT業界への転職の前後で、使うお金の金額は変わった?

転職前後で、使うお金に変化があった人は61.5%

  • 使う金額が上がった:70名(31%)
  • 使う金額が下がった:69名(30.5%)
  • 変わらない:87名(38.5%)

転職前後で「変わらない」と答えた人が38.5%となり、転職前後で使う金額にも変化があったと答えた人が多い結果となりました。

2. 使う金額が上がった項目(金額が上がった人)

スキルアップのために使う金額が増えた人が過半数!

  • 家賃:24名(32.4%)
  • ランチ:21名(28.4%)
  • 飲食:26名(35.1%)
  • 美容・エステ:28名(37.8%)
  • ファッション:18名(24.3%)
  • スキルアップ:36名(48.6%)
  • 趣味(旅行・推し活など):25名(33.8%)

74名の方が回答しました。スキルアップのために使う金額が増えたと答えた人が最も多く、それ以外の項目も自分磨きであったり趣味に使う金額が上がったと答える人が多いことが分かりました。

3. 使う金額が下がった項目(金額が下がった人)

ファッションや美容・エステなど、外見磨きのために使う金額が減った人が約60%!

  • ランチ:42名(54.5%)
  • 飲食:36名(46.8%)
  • 美容・エステ:47名(61%)
  • ファッション:50名(64.9%)
  • 趣味(旅行・推し活など):40名(51.9%)

77名の方が回答しました。コロナ禍の影響もあり、外出も減っていたためかファッションや美容、趣味、ランチなどの飲食に使う金額が下がったと答える人が多いことが分かりました。

逆にスキルアップへの費用が下がったと答えた人は少数で、自分磨きの中でも削れない項目という位置づけとなっていると思われます。

4. 使う金額が上がった・下がった理由

金額が上がった理由:将来への意識の変化や収入アップが要因に

  • スキルアップのための優先順位が上がり、将来への意識が変わった
  • 収入が増えて、スキルアップ、美容や趣味のために使う金額が増えた
  • 出社するようになり、人と接する機会が増えてファッション代やランチ代が増えた
  • 仕事とプライベートにメリハリができ、美容や投資に使える金額が増えた

100名の方が回答しました。
営業職やシフト制の職種からのIT業界へ転職を経験した方の中には、朝から出勤することになったため自炊をするようになり規則正しい生活になったと答えた方もいました。

金額が下がった理由:生活スタイルの変化や未経験からの転職による収入ダウンが要因に

  • 未経験からの転職で、収入が減った
  • 引っ越しを検討しており貯蓄している
  • 子どもが生まれた、結婚した、一人暮らしになったので節約するようになった
  • 在宅勤務(リモート)になり、ランチ代やファッション費が減った

物価高による節約や、転職をきっかけに、買い物や飲み会などでのストレス発散が減った結果として使う金額が減った方もいました。

まとめ

デジタル女子としての転職が、仕事や将来に対する意識の変化をもたらした

デジタルスキルを身につけるため転職した20代後半〜30代前半の女性たちは、美容やファッションへの関心も高く、推し活や趣味にもお金と時間も使う、一般的なごく普通の女性と何ら変わりないことが分かりました。
その一方、未経験からの転職等によって一時的に収入がダウンした場合であっても、仕事のスキルアップへの関心は高いまま維持され、仕事に対する意識が前向きかつ意欲的であるように感じました。
また、自身の関心がある分野に対しても勉強しており、自分自身が将来「こうありたい」という意識が芽生え、様々な可能性に対して取り組めるようになったのではないでしょうか。

外見を磨いたり、趣味を楽しむだけでなく、デジタルスキルを磨いて将来の自分への投資を続けることで自分自身に自信が持てるようになり、更にパワーアップして活躍してくれるでしょう。

関連・おすすめ記事

SHARE:

仕事・キャリア・ライフワークバランスについて、編集部が一緒にお悩みの解決策を考えます